住宅模型と鍵

ネットワークカメラを設置しよう|スマホを使って自宅を守れる

防犯効果を高める工夫

鍵

防犯意識の高まりから、自宅の鍵を交換する家庭が増えてきています。特に、犯罪者に狙われやすい高齢者や、一人暮らしの女性は積極的に鍵の交換をするべきです。自宅の鍵を少し変えるだけでも、犯罪者に狙われる可能性が低くなるのです。実は現在、防犯用の鍵はたくさんあり、業者に頼めば、簡単に設置してくれるのです。依頼する前に、防犯性の高い鍵にはどんな種類があるのか把握しておくようにしましょう。
通常の住宅には、鍵は一つしかありません。鍵が一つしかないと短時間で攻略されてしまい、犯罪者の侵入を許してしまいます。そこで、通常の鍵に加えて2つめの鍵を設置しましょう。鍵を2つ設置しておけば、突破するのに時間がかかり、近隣の住民に見つかるのを恐れてすぐに住宅から離れていくはずです。このような補助鍵は比較的安価で設置できるので、一般の家庭でも利用する人がたくさんいるのです。また、少しお金に余裕があれば、暗証番号や顔認証機能のついた鍵を設置するべきです。暗証番号の鍵は、住民しか知り得ない番号をあらかじめ設定しておき、自宅に入るときはそれを入力することでしか開かない仕組みになっています。そして、顔認証機能の付いている鍵は、住民の顔と部外者の顔を正確に比較し、住民だと判断した場合のみ鍵を開けてくれるのです。これらの鍵は補助鍵とくらべても防犯性が格段に高く、住宅をしっかりと守ることができます。他にも、指紋認証やリモコンで開くタイプの鍵など、実に幅広い種類の防犯鍵があるので、より防犯効果があると感じる鍵を設置しましょう。