記事一覧

子どもができない体を作る

看護師

正しい服用方法を守る

大阪の病院で処方される低用量ピルですが、女性の卵巣で作られる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが、わずかな量入っている錠剤になります。子どもを作ることを望んでいない方で、体が健康であれば服用可能です。そして、大阪の病院で処方される低用量ピルには、28錠タイプと21錠タイプがあり、一日一回一錠を、毎日決まった時間に服用するよう決められています。そのうち、28錠タイプには、7錠のプラセボと言われる偽薬が加わっているのが特徴です。そこで、大阪の病院で処方される低用量ピルの飲み方ですが、21錠タイプに関しては、生理がスタートした日から服用しやすい時間を決め、一錠ずつ21日間服用します。21日間飲み続けたら、7日間服用するのをストップしますが、服用を休止している間に、生理と似たような出血が生じてくるでしょう。この28日を一周期として、7日間の服用休止期間を過ぎてから、また新たなシートの服用をスタートさせるという流れです。それから、28錠タイプの場合ですが、生理がスタートした日から自分が決めた時間に、毎日一錠ずつ28日間飲み続けます。その際、ラストのプラセボ錠でもある7錠を飲んでいる間に、生理と同じような出血が起こるでしょう。28日間に渡ってすべての薬を飲み終えたら、次の日から新たなシートの服用を、スタートさせるという流れになっています。また、大阪の病院で処方される低用量ピルを服用する中、自分に適した服用方法を見つけておくと、日々飲み続けることが苦にならずにすむでしょう。